読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイタマビーチ

フリーライターの大坪ケムタの雑記とかイベントとかもろもろです。

2011年聴いたCD6選

音楽

まあ主に日記とかで書いたりしてるんですが。
ももいろクローバーZ「バトルアンドロマンス」
ももクロZに関してはアイドル云々書いたこちらで。たぶん一年前なら「耳障り!うぜえ!何この曲?」つってたんだろうなあ。この一年ですっかりアイドル耳になりました…。ひたすらカラフルな前山田曲を中心に据えつつ、後半上げつつ泣かす「コノウタ」で盛り上げて「ニッポン万歳!」で馬鹿になる。中でも「ワニとシャンプー」は「労働賛歌」の10倍は仕事中口ずさみたくなるデスマーチサンバ!まさに2011夏のアンセム。

このCD以降の「労働賛歌」については前に書いた通り。そして次のシングル「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」を聴いて「ああ、ももクロはサブカル&オタク方面も全部引き受けて上に行こうとするのだなあ」と思い「まあその覚悟や良し」という何様だ俺な気分に。となると前山田楽曲的には、学校設定+王道アイドルソングを目指すであろう私立恵比寿中学の方が気になるのだけど。とはいえももクロZもこれからスタジアムサイズなアイドルとしての展開は楽しみ。

バトル アンド ロマンス

バトル アンド ロマンス

東京女子流「鼓動の秘密」
女子流に関してはアイドル云々書いたこちらで。捨て曲の無さではももクロ「BAR」以上なので、トータルではこっち聴いてるかもなあ。そしてこのアルバム後のシングル2枚、「Limited addiction」「Liar」がまたどんだけ聴いたか!ポップさとかキャッチーさだったらももクロにしても他のアイドルにも良い曲いくらもあるけど、最強スルメ曲でいえば今年は圧倒的に「Liar」。ブレイクビーツとベースラインが恐ろしくクセになる。来年3月のアルバムはかなりシックになりそうだけど、もっとわかりやすい売れ線必要じゃないの?と逆に心配になる。完成度はまったくもって心配してないけど。ほんとスタッフひっくるめて信頼の女子流ちゃん。


鼓動の秘密

鼓動の秘密

神聖かまってちゃん「8月32日へ」
今年頭のももクロとの対バン見た時は「んー、CDはいいけどこれ以上好きになることないだろなあ」と思ってた。それが自分でもこんなにどっぷり聴きまくる事になるとは思わなかったよ…。今年5月に放映され、録画したまま積んでたNHKのドキュメンタリー「町に僕のロックは流れますか?〜ネット世代のカリスマ“現実”に挑む〜」を見て、「僕は頑張るよっ」を見てしまった時からもう普通に好きになってしまった。まあニコファーレのライブ配信が素晴らしすぎて、その勢いで買ったスタジオコーストはとにかく非道かったけども!ただそれでも「2011年の一曲」を選ぶなら「僕は頑張るよっ」なのは揺るぎない。震災後、今まで気づかなかった、もしくは気づかないフリしてた、ゆるやかに死んでいく下り坂が見えてしまったような世の中で、それでも少ぉーしだけ励みになるような曲。根本敬作中の名文句「でもやるんだよ」をもっと身近に降ろしたような。とりあえずYeah!ってことだ。

あと「夕暮れメモライザ」の「生きることはなんか苦しいからエロビデオ見せてくれ」て歌詞はちょっと仕事の糧になったので、この前からバカAV専門学校公式ED曲に。

8月32日へ

8月32日へ

・MIAMI HORROR「ILLUMINATION」
やっと洋楽!しかも実際は発売2010年!まあ日本版は2011年発売なので。もともとオーストラリアのロック+エレクトロニカ寄りアーティストはGERLING、AVALANCHESとか好きなの多かった(&いつの間にか消えてた)けど、これもまたいつのまにか消えてそうな…。しかしPVもどれも面白く、もうちょっと生ぬるく注目したい。特にこのPV最高。さわやか悪趣味。

イルミネーションズ

イルミネーションズ

・DieTRAX/FFF「HIROSHIMA vs ROTTERDAM」
HONDALADY/全日本レコードのDieちゃんの初ソロスプリットアルバム。もー音楽的にはどうこう言えるジャンルじゃない(テクノに限らず、だけど)けど、ナードコアオールドスクールハードコアととにかくハッピーに昂揚させてくれるので、仕事中にキーボード打つ速度を20%増しにしたい時に聴くCD。Dragonforceとかと同じ枠だな。11月発売だけど聴いた回数見たら上の夏発売のCDと同じくらいの回数聴いてた。

Hiroshima vs Rotterdam

Hiroshima vs Rotterdam

・Norazo「全国制覇」
2010年からK POPはちゃんと聴いておきたいといろいろクビ突っ込むもぜんぜん引っかからず。ガールズもボーイズも出来はいいけど俺が面白がる音がないよ!その中で唯一当たったのが「踊れすぎるソン・ガンホ」PSY。そして2011年、今年は黙っててもK POPあちこちで流れてるけど相変わらずピンとこねえなあ…って中にキたのがNorazo。韓国の高見沢なメタルギターに韓国の鼠先輩なこのダンス、どこまで冗談なのか分からない!最初見たTVライブも凄かったけど、後でみつけたPVも意味がわからん!が、とにかくアッパーなビートとメロディックなギターに惚れる。基本コミックバンドらしいので、笑っていいんだと思う…。いやあ、KARAとか少女時代とかは相変わらず興味持てないけどこっちのK POPは侮れないなあ。

ノラジョ (Norazo) 5集 全国制覇

ノラジョ (Norazo) 5集 全国制覇

広告を非表示にする