読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイタマビーチ

フリーライターの大坪ケムタの雑記とかイベントとかもろもろです。

2014年9月のお仕事

告知

●原稿仕事ではBUBKA』11月号(白夜書房で長瀬麻美さんインタビュー、トイズハートpresents「誰食べ」では涼風ことのさんインタビューほか担当しております。『ENTAME』11月号(徳間書店ではBABYMETAL特集メイン担当しました。自分のインタビュー担当はダイノジ大谷さん、コショージメグミさん、竹内道宏さん、ローリングクレイドル福島さん。それぞれの視点でベビメタを語る!あと幕張のライブレポも。その他レギュラー系では『DMM』(GOT)スーパー写真塾』(コアマガジン『実話BUNKAタブー』(コアマガジン『月刊ソフトオンデマンド』(SOD)その他無記名仕事やコメント仕事等いろいろやっております。
 
●ネット系では「おたぽる」「AllAbout」で記事書きました。



●9月は秋葉原プレジャ
「峰岸ふじこトーク&サンバ」「アダルトグッズサミット」の2イベント司会させていただきました。

童貞喪失インタビュー集「THIS IS NOT A LOVESONG**」1巻電子書籍版発売中です。2巻、3巻も各店舗で発売中です。

●6月発売しました新書『ゼロからでも始められるアイドル運営』(コアマガジン)、まだまだ好評発売中でございます。10月23日にはトークイベントもありますのでそちらもぜひっ。

●もう9月の話題ですが、思い出のニュース。

IWAジャパン活動休止へ 浅野社長引退で20年の歴史に幕 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社

IWA JAPANというと中牧やカクタスジャックが血まみれで抗争してたころ、福岡スターレーンにちょいちょい見にいってたりしてたんですが、それとはまた別の思い出があって。自分が生まれて初めて海外に行ったのが、2000年の9月。当時一番好きだったパンクラスの近藤選手がUFCのニューオリンズ大会に出るというので、勢いでアメリカ本土へカミカゼアタックしに行ったのでした。いわゆる観戦。「俺ハ巨人ニイタクロマティ選手ト友達ダゼ!」という黒人に勝手にガイドされて10ドルボッたくられたり、UFCで本場のブーイングを見て感動したり、ついでに寄ったニューヨーク・マジソンスクエアガーデンでロック全盛期時代のWWF(当時)を何の興味もないのに見たりと、まあ振り返ると最高の初海外だったんですが、その初っ端に今も残る思い出があって。それがIWA JAPANと大きく関連しているのです。
 
初海外の人にとって、まず恐怖なのが「入国審査」。その後10回くらい海外行ったので、今は「日本人パスポート最強」というのを実感するわけですが、初海外だと最初に接する外国人との会話がここ。それもよく言うじゃないですか、「斉藤寝具?(Sightseeing?)」と聞かれるからイエスと答えろ的な。最近はあんまり言わないのか。それで斉藤寝具…斉藤寝具…とうなされる勢いで頭にブッこんた状態でいざ並んでみて、審査官のでっかい白人の兄ちゃんが言うには「*#$&¥@?」ええー?ぜんぜん予想もつかない言葉!頼むぞおれのNEW HORIZONレベルな脳、とフル回転して聞いてみると「あーゆーれすらー?」って「Are you Wrestler?」??ってナンデその質問???とよく考えたら、こんなTシャツを着てアメリカに降り立ってたんだった。

f:id:serviceanddestroy:20141002091310j:plain

そのまま訳すれば「国際レスリング連盟日本支部」でしょうか。そりゃ聞くわな、アーユーレスラーって! ターザン後藤とか松永光弘が日本代表だけど! その意味がわかった瞬間すごく脱力して、「イエース!」とか適当に言ってクリアできた覚えがある。しかし「アメリカ怖い! 英語怖い!」て思っていながら、胸に大きく「JAPAN」と書かれたTシャツで空港降り立つって何考えてたんでしょうね、当時の自分は。

自分にとって初海外の扉を妙な形で開いてくれたIWA JAPAN。それ以来アメリカ本土には行けてないので、もう一度くらい行ってみたいなあ。いや、その前にIWA最終戦と花膳だ。

BUBKA (ブブカ) 2014年11月号

BUBKA (ブブカ) 2014年11月号

広告を非表示にする