サイタマビーチ

フリーライターの大坪ケムタの雑記とかイベントとかもろもろです。

2017年12ヶ月のベストアイドルライブを振り返る

かわいいとか楽曲も大事だけど、やっぱライブだなあ、ということで去年に引き続き1年間各月の印象的なアイドルライブをまとめてみました。2017年見たライブは150本ちょっと。トークイベントが増えたのと、後半原稿と取材に追われたのもあって減りましたね。。

・2017年1月のベストライブ
アイドルネッサンス「スマイルネッサンス vol.23 ~石野理子生誕企画~」渋谷マウントレイニアホール(1/4)

 
いま振り返ると2017年入って4日目にして年間ベストライブだったなと思います。とにかく衝撃、という意味では2017年でトップクラスでした。見たあとのツイッターではこう書いてます。




デビュー当初から「この人の声は人のこころを刺してくるものがあるなあ」と思っていた石野さんですが、この日はアイドルネッサンスで描いてきた主にティーンの世界とは違うものを見せてきました。ルネ自身も前年の初バンドセットでの『踊るロールシャッハ』披露の際、「こういうロックのスモーキーな感じとか出せるようになるまであえて生バンドはやらなかったんだなあ」と思いましたが、石野さんソロも満を持しての選曲。特に薬師丸ひろ子「メインテーマ」カバーはやられましたね。今だから言いますが、アイドルネッサンスがデビュー1年目のころに照井Pにインタビューした際、「いつか『メインテーマ』はやりたい」っておっしゃってたんですよね。ただ「歌詞に『煙草』とか出て来るので今はまだ早い」と。もちろん石野さんは煙草吸う年齢ではないですが、こういう歌詞の世界も表現できるシンガーになったんだなと。
石野さんの生誕は16歳・17歳と2017年に2回行われたんですが、土岐麻子さん堂島孝平さんゲストの「スマイルネッサンスvol.31」も楽しかった。ルネでの姿も魅力的ですが、素敵なアーティストたちの中ですくすく育つソロシンガーとしての石野さん、もっと見たいですね。
 
www.youtube.com
www.youtube.com
前髪がゆれる

前髪がゆれる

・その他印象的な1月のアイドルライブ
「E TICKET RAP SHOW」代官山LOOP(1/8)

・2017年2月のベストライブ
生ハムと焼うどんももいろクローバーZほか「ニッポン放送 ミュ~コミ+プラスプレゼンツ アニメ紅白歌合戦 Vol.6 代々木ファイナル」代々木第一体育館(2/5)

 
この時には「断食(活動休止)」発表していた生ハムと焼うどんですが、最初からリスペクトの対象であり共演したい!と言っていたももクロと同じステージに立った&しかも代々木第一で!という「辿り着いた感」は凄かった。この後4月に断食ライブあったけど、彼女らが自ら描いてきたドラマとしてはここがピークだったと思う。やっぱこのサイズだといつものコントのノリは出せなかった感はあったけど、ステージから「ぜんぜん客席の顔見えないよ!」とキッパリ言い切ったせいで、その後の出演者が「上も見えてるよ〜」と言うたびに苦笑いが起きる小迷惑のかけっぷりがふたりらしかった。FULLKabsの御大など他出演者のMCでも名前が出たり、爪痕はビッチリ残しただけに、あらためて活動休止は惜しい惜しい惜しい。あの2人が今もいたらフォロワーが生まれてたろうな、かつて椎名林檎風の子が全国に溢れたくらいに。

生ハムと焼うどん写真集 photograph collection and DVD vol.1

生ハムと焼うどん写真集 photograph collection and DVD vol.1

・その他印象的な2月のアイドルライブ
北風インパクトChoque!「草野亜希子卒業ワンマン」目黒鹿鳴館(2/7)、「ギュウ農フェス☆プレミアムフライデー」渋谷ASIA(2/24)、南梨央奈・挫人間「オレのムスコが黙ってない!!vol.1?☆君☆と☆メ☆タ☆モ☆る☆feat. みなりお発売記念イベント?みんなでオタオタしちゃおぅ!!」阿佐ヶ谷ロフトA(2/25)、lyrical schoollyrical school one man live 2017 “ラストソング”」新宿BLAZE(2/26)

・2017年3月のベストライブ
せのしすたぁ「みか卒業ワンマン」新宿サムライ(3/26)

 
今のせのが「ボーイッシュなふたりによるガールズユニット」という見え方してるのを思うと、やっぱみかさんのアイドル感って大きかったんだなあとあらためて気付かされます。「3人時代の曲は3人のための曲だから」とこの日ですべて封印、ということで行われたみかちゃん卒業公演。「3人になって初めての曲」と『NOW』、「一番知られてる曲」と『アイドルなんてなっちゃダメゼッタイ』と一曲ずつ説明が入るのがまたこの日で終わり感あって。それまでもせのの曲っていい曲だとは思ってたけど、こんなしみるとは思わなかったよ!森永さん天才か!て思うくらいこの日の曲の刺さり具合は凄かった。せののディスコ曲のキラキラしてるんだけどどこか遠くから見てるような切ない青春感と、アイドルと普通の子の両方の視点で描かれた歌詞のハマり具合ったらもう。ま、その後も3人せの曲は聴く機会あるし、みかさんも結構すぐ後のライブに遊び来てたりしてたけども笑 その「アイドル辞めても地元のダチ」みたいな距離感とかローカルらしくていいなと思いますね。しかし『NOW』はどっかカバーしないかな、あんないい曲ないよ。
 
www.youtube.com

YES!!

YES!!

 
・その他印象的な3月のアイドルライブ
レッツポコポコ「レッツ11」新宿ロフト(3/24)

・2017年4月のベストライブ
sora tob sakana「月面の音楽会」恵比寿リキッドルーム(4/30)

 
先のアイドルネッサンス同様、バンドセットが待たれていたsora tob sakana。開演前SEがアフロビートとか熱帯感あって、そこからバンド版「海に纏わる言葉」が始まりスクリーンに桜の花びらが散り巨大な月面が昇り「月面の音楽隊」てバーン!て出る流れ、地球から宇宙に飛び立つよう&映画OPぽくて、そこから「ribbon」でソフトランディング。バンドセットは進むほどにハマっていって、本編ラスト「夜間飛行」からの「夏の扉」はもう祭り状態。バンドが主になり過ぎず、4人の豊かな表情と歌声が軸な所が素晴らしい成長でバンドといい真っ向勝負になってて、いいタイミングの初全編バンドだったなと。オサカナは7月の3周年ワンマンがWWWXを3方向全面スクリーンでVJの素晴らしさを見せる内容で、ある意味このワンマンと3周年で対になってる感じもよかったですね。
 
www.youtube.com
www.youtube.com

・その他印象的な4月のアイドルライブ
ちんぽやくざ他「フリースタイルゴリラゴリラ」下北シェルター(4/3)、キスエク・・・・・・・・・・他「THE・頭脳改革 vol.1」鶯谷VALLEY × VALLEY × TOKYO(4/14)、せのしすたぁ他「まお生誕」渋谷O-NEST(4/16)、There There Theres・MIGMA SHELTER他「Upstairs Down vol.1」渋谷WWWX(4/16)、生ハムと焼うどん「このライブが終わったら黄身はドン底」恵比寿リキッドルーム(4/22)

・2017年5月のベストライブ
lyrical school「New Game」渋谷ハーレム(5/21)

 
新メンバー3人を加えての新生リリスク、ぱんぱんのハーレムで正直あんまりステージ見えなかったけど、今年最初の「夏始まったな!」がっつりいただきました。新メンhinakoの「絶対今日のことずっと忘れないと思うんだ」(サマーファンデーション)、himeの「ラップをするのは楽しいです!」(FRESH!!!)の過去と未来が繋がった感が素晴らしかった。その後見に行った感じだと、新体制以降はほとんど振り付けとかないのもあってアイドルというより「ガールズラップグループ」て色で、それでいてメンバーの笑顔や立ち振舞見てるとやっぱりニコニコさせられるから、他のアイドルとうまく差別化して進化した感あります。
 

つれてってよ/CALL ME TIGHT 【初回限定A 盤】

つれてってよ/CALL ME TIGHT 【初回限定A 盤】

・その他印象的な5月のアイドルライブ
「ギュウ農フェス春のSP」新木場スタジオコースト(5/4)、「武道館アイドル博」日本武道館(5/6)

・2017年6月のベストライブ
転校少女歌撃団「3rdワンマン」渋谷O-WEST(6/10)

 
転校少女歌撃団は基本エリートな子たちが黒のショートタイツ一丁で第一試合から鍛え上げられたストロングスタイル感みたいな、正統派の美少女を鍛え上げたからこその表情や声のエモみがいつ見ても「いいアイドル見たな!」という満足感高くて。初期のミリタリー色の迷走みたいなのもあったけども、この日はメルヘンな新曲が嬉しい栗田さんに岡田さん「ミリタリー嫌がってたもんね!」とフランクにブッこむ空気とかリニューアル大成功感。そんな中のGALETTeカバー「じゃじゃ馬と呼ばないで」でメンバーの真ん中で堂々と歌う古森さんには泣けた。
 
www.youtube.com
www.youtube.com
[asin:B06WVP9VPJ:detail]
・その他印象的な6月のアイドルライブ
AH(嗚呼)、HAMIDASYSTEM、SAKASAMA「90分ノンストップライブ」渋谷DESEOmini(6/1)、ライムベリー「BURST ON」渋谷ミルキーウェイ(6/16)

・2017年7月のベストライブ
アイドルネッサンス「サマーツアー 2017・君と夏を交感するネッサンス」三浦海岸OTODAMA STUDIO(7/29)

 
1.4と並ぶ今年ベストライブだなー。それもうルネ好きなだけやんって感じですが、この日ほどシチュエーションやセトリに爆発させられた日ってなくって。OTODAMA STUDIOは初めてで、最初は「遠いな~遠いな~」って感じだったのが、海近マジックと地元の女子高生ぽいバイトの子、会場の熱気にやられて帰りは「OTODAMA最高!!」てなってました。帰り食った魚も美味かった。そんな場の魔法に加え、ツアー初日の「それでは皆さん良い旅を」「ドカン行進曲」「シルエット」というロックフェスぽい頭の盛り上げから、「太陽と心臓」でお客も皆大合唱。いままでこんなことなかったのに!発表の時から大好きな曲ですが、また好きになりました。そしてこの日初披露の「前髪」で歌い出しの原田珠々華の声に震えた。人の運命が変わる瞬間を目にした感じ。
 
www.youtube.com
www.youtube.com
・その他印象的な7月のアイドルライブ
sora tob sakana「3周年ワンマン」渋谷WWWX(7/17)、 スーパー転校生X・Summer Rocket他「遅れてゴメンネ!最終回」新宿motion(7/23)

・2017年8月のベストライブ
泉茉里、クリトリック・リス、キュウソネコカミ、アルカラ、リバーシブル吉岡「リバーシブル吉岡がいた世界」大阪BIG CAT(8/31)

 
この月は2度大阪に行ったのもあって、TIF以外あんまり見れてないんですよね。ただその大阪では栗貴族にAH(嗚呼)ことぱぉ生誕、そしてリバ様活休と濃いものしか見てない。あー、大阪住みてぇ~ってなりましたね。来世は必ず。
 
いちおう今年の男性アイドルライブ部門1位ということで。リバ様を知ったのは、味園ビルの深夜喫茶銭ゲバでCDもらったのがきっかけ。その後池袋ADMでライブ見て、すぐ自分がやってたプラスワンのイベントにお呼びして。この人は50歳60歳になってもこういう歌を大阪で歌い続けていくんだろうなーと思ってたけどなー。でもこういうスマートさと大阪の人らしい美学ある人なんですよね。この日の深夜にモノマネの人がデビューしたらしいので、年に一度くらい出てきてほしい。
 






スケキヨ

スケキヨ


 
イエイ

イエイ

・その他印象的な8月のアイドルライブ
Tokyo Idol Festival」お台場(8/4~6)、クリトリックリス・UNDERHAIRZ他「栗貴族盆祭り」十三ファンダンゴ(8/15)、AH(嗚呼)「ことぱぉ生誕ワンマン」難波メレ(8/16)

・2017年9月のベストライブ
・・・・・・・・・「Tokyo in WWW」渋谷WWW(9/4)

 
1年前の「初観測会」(デビューライブ)は見に行ってて、その時は「うーん、曲や仕掛けは凝ってるけど顔出さずにこれ続けるのは厳しくないか?」て感想だったのが、4月のキスエク主催でひさびさに見たらMassacre「Bones」とかやっててすごいことになってた。単純にダンスがよくなってるんですけど、顔が見えないぶん肉体がより際立って見えるんですよねdotsって。そして一度「おお、いいな!」と思ったら見えなかった顔も繊細な表情の変化も見えてくるもので。その後取材もしたりしましたが、会場に行くと物販でもすげー列が出来るように。こういう現象としておもしろおかしい感じが出て来るとあとは最上の場で見せるステージを用意するだけ。ということでいいタイミングでWWWワンマン。
getnews.jp
ワンマンについてはこんな感想。プロデュース陣のデビュー当初からのいいもの作ろう面白いことやろうって姿勢と、メンバーの成長の勢いがハマった、理想的なタイミングのワンマンだったなあと。



この日のリーダーだった当時「港」さんの最後のマイクは本当胸にくるものがあった。初観測会でものは試しと五感チェキ撮ったのが彼女で、その時は「アイドルが好きで、初めて入ったグループなんです!」って話聞いて「よかったねえ、でもそれでこの目隠しはどうなんだろう笑 がんばれよ~」と印象深くて。それからのあのラストはデビューの日とは別の「よかったね!」を言いたくなった。アイドルとは顔じゃないのか、いや顔なのか。「○○はアイドルを越えた」論争てのがありましたが、ある意味アイドル越えたところでアイドルをやる姿を見て、いろいろ揺さぶられる楽しさがdotsにはあります。
 
www.youtube.com
「                」

「         」

・その他印象的な9月のアイドルライブ
里咲りさ「里咲りさ全国ワンマンツアー2017ファイナル」ZeppDivercity(9/22)

・2017年10月のベストライブ
フィロソフィーのダンス「Do The Strand VOL.4」渋谷クアトロ(10/7)

 
フィロのスのワンマンとセカンドアルバムについては記事でも書きました。
allabout.co.jp
アイドルライブって演者とお客の両者で作っていく、特に最初のころは客の声援で引っ張ってく感じがよかったりするんですが、この日というか今のフィロのスは「どんと来い!おれたちがお前ら受け止めてやる!」みたいな受け止める力がすごい。場の制圧感というか。プロレスラーでいう「客を手のひらに載せてる」状態、それで客もむちゃくちゃ楽しい!ていう。もうメンバーも曲も完成度は文句ないから、あとひとつ世間にリーチする何かがあればどーんと行くんじゃないか、どーんと。
 

THE FOUNDER

THE FOUNDER

・その他印象的な10月のアイドルライブ
Task have fun「ワンマン」新宿BRAZE(10/1)、ハッピーくるくる「WARP!!」渋谷WOMB(10/21)、虹のコンキスタドール「衝動的etcツアーファイナル」渋谷WWWX(10/21)、アイドルネッサンス「アリアケでバトルネッサンスディファ有明(10/28)

・2017年11月のベストライブ
amiinA、BiS、sora tob sakana東京女子流、ヤなことそっとミュート、LUCKY TAPES、3776、NETWORKS「amiinA presents WonderTraveller!!! act.6」渋谷クアトロ(11/23)

 
これまでマイペースながらメンバー脱退加入に受験などたびたびの活動休止しつつ「2人のamiinA」の世界を見せてきた彼女ら。2017年はツアーにTIF初出演とひとつ階段を上がった感ありました。その締めくくりの恒例「WonderTraveller!!!」は彼女らの主催ライブ恒例の素晴らしい音作りに、クアトロおなじみの太い柱を樹木に見立てた装飾など、あいかわらずのスペシャルな世界。あまり音の質にこだわりはない方なのだけど、この日は音がいいことで各グループのパフォーマンスの見え方も変わってきて、やっぱ音って大事だなと思いましたね。特に後半NETWORKSにオサカナ・女子流と楽曲的・アイドル的に学ぶべき者たちのバトンを受け継いで、大トリamiinA登場。クアトロそのものを宇宙船にでも変えて宙に飛ばすかのような、壮大な世界の見せ方でこっちの脳を解放するライブ。 2018年はもっと屋外フェスとかで見たいなー。
 

Valkyrie

Valkyrie

・その他印象的な11月のアイドルライブ
アイドルネッサンス「スマイルネッサンスvo.31石野理子生誕」渋谷DUO(11/12)、エモクルスコップ他「地球のすみっこパーティvol.3」新宿ルイード(11/16)、ただの女の子。ただの女の子。がただの女の子になる日」新宿MARZ(11/28)、すこやか健康クラブ他「すこ健1周年」下北ろくでもない夜(11/30)

・2017年12月のベストライブ
HAMIDASYSTEM「version up」渋谷milkyway(12/16)

 
この1年の間でアイドルロック&ポップスから真逆なメロディックエレクトロニカ路線に舵を切ったHAMIDASYSTEM。最初話を聞いた時は正直もったいねー、てのが最初の感想だったけど、このワンマンを終えて大正解だったなあと。アイドルライブって音楽のジャンルは何でもいいし、MIX入る入らないとかどうでもいいんだけど、大切なことは「演者とお客さんの間で何かしら繋がるものがあるべき、それが音楽だといちばんいい」と思ってて。そういう意味でマストと思えるのが「ダンス」なんですよね。アイドルとファンが一体になって踊れる音楽が鳴っていればそれでいい。そういう意味でHAMIDASYSTEMがチャレンジしたエレクトロニカってハードル高かったのだけど、この日の『蝉の声』は前奏のトランシーな上げ方からの流れもあって、すげえ踊れる曲として機能しまくってて楽しかったなー。なるほどHAMIDASYSTEMはこれをやりたかったのね、と思わされるワンマンでした。あとこの日は音の聴こえ方も良くて、対バンだと他と違う音だけにいろいろセッティングとか面倒そうだけど、この路線突き通してほしいなー。
 
www.youtube.com

DERO

DERO

・その他印象的な12月のアイドルライブ
エモクルスコップ「トモダチ300にん」渋谷THE GAME(12/16)、xoxo(Kiss&Hug) EXTREME他「THE頭脳改革 1st ANNIVERSARY EDITION」新宿motion(12/27)

 
12月末のMELLOW GREEN WONDER、・・・・・・・・・、SAKASAMA、MashBerryあたりが出たキスエク主催「頭脳改革」についてこんなこと書いたんですが、それにHAMIDASYSTEMやさっきの女の子なんかも加えてそう思うんですよね。xoxo(Kiss&Hug) EXTREMEもダンスミュージックとは違うんだけど、と思ったらこの日「The Last Seven Minutes」というすげえ踊れるナンバーを投下。この辺のグループは2018年も楽しみです。「東京のアイドル」の顔になってほしい。


www.youtube.com
2014年以降「でんぱ組かBiSのフォロワー」というのが全体を見れば多かったと思うんですが、2017年は上に書いたような活動して1年くらいのグループを見てもそこから次のフェイズに移ってる感があって面白かったですね。TIFひとつ見ても、スマイルガーデン大トリがこれまでアプガやNegiccoなどいわゆるアイドル戦国時代黎明期からの活躍組だったのが初めてそれ以降デビューのアイドルネッサンスだったり、女子流みたいな「復活」グループ出て来る感じからも「アイドルブーム一周して次の時代きた」てのを強く感じた2017年でした。間違いなくアイドル文化は芳醇になってるなあと。DD(誰でも大好き)やり時っすよ。