読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイタマビーチ

フリーライターの大坪ケムタの雑記とかイベントとかもろもろです。

#私を構成する9枚、そのきっかけの1枚

雑記 音楽

ツイッターフェイスブックで「#私を構成する9枚」てのが流行ってたのでやってみました。

f:id:serviceanddestroy:20160127215710j:plain

左上から右に
 
Purple Rain/Prince and The Revolution(1984)
3Feet High and Rising/DE LA SOUL(1989)
Pinkerton/Weezer(1996)
Better Living Through Chemistry/Fatboy Slim(1996)
FEAR OF A BLACK PLANET/PUBLIC ENEMY(1990)
SISTER STRAWBERRY/筋肉少女帯(1988)
662BPM BY DG/電気グルーヴ(1990)
SAPPUKEI/NUMBERGIRL(2000)
EXPERIENCE/The Prodigy(1992)

 
並びは適当で意味はないです。

いずれもただ大好きってだけでなく、聴いた当時の自分の価値観を揺らすきっかけを作ったもの、て感じでしょうかね。それも音楽以外の部分に至るまで。あらためて見るとリリース年は1984年から2000年、基本リアルタイムで聴いたものばかりなので年齢でいえば12~28歳の時に聴いたもの。まあ、現在に至る自分の根幹を作るのはそのくらいですね、たしかに。30歳過ぎてからは…ないなあ。そこから現在に至るまでは、音源よりライブ体験の方がでかくなってきてる。地方住まいゆえライブに行きたくても行けなくて、ひたすら音源を聴くしか無かった時代の方が盤に対する思い入れは大きいですよね。

しかしやっぱ大きいのは一番最初の最初、初めて音楽を音楽として認識してハマったPrinceだなーとあらためて思う。だって最初に買ったレコードからしてプリンスの『ビートに抱かれて』だもんな。パープルのカラーレコードというのがまた良くて、子供ながらに「ヤバいブツを買った」感あった。ターンテーブルないのに捨てれなくてまだ持ってる。

f:id:serviceanddestroy:20160127221911j:plain
f:id:serviceanddestroy:20160127221921j:plain

なかなかライナーノーツ(そういえばシングルにもあったなあ)が時代がかってていいですね。そう、俺達のボスはPRINCE!
 
と思ってたら、よくよく思い返すと最初に買ったレコードはプリンスじゃなかった。たしか『超時空要塞マクロス』か『巨神ゴーグ』、ついでにいえば初めて買ったLPは『装甲騎兵ボトムズ』のサントラだよ! すいません、ちょっと格好つけてました。
 

超時空要塞マクロス OP FULL /「マクロス」藤原誠

GIANT GORG 巨神ゴーグ OP full 輝く瞳
 
というので分かる通り、小5くらいまではガンダムあたりから順当にハマった普通のロボットアニメ少年だったわけです。まあ、サントラ買うくらいだから少しばかりのめりこむ方のアニメ少年だったんでしょう。それも姉が毎号アニメ専門誌『ジ・アニメ』買ってたりしたので、小学生にしてはコアな情報得ては周りに自慢するようなスタンスだった気がします。ちょうど『六神合体ゴッドマーズ』でマーグが(今でいう腐女子に)熱狂的人気、みたいな記事を読んだ覚えがあるのでいろいろファン心理とか変わってきてた時期なんでしょうね。自分もプラモも好きでパテ埋めも出来ないくせに模型専門誌『ホビージャパン』毎号買ってたしな。何事も能書き好きの半可通なのは毛生える前から!

ただ不思議なもので、音楽を聴くようになるきっかけもアニメだったりする。声優の神谷明さんがやってる「ベスト・リクエスト」という洋楽番組があって、単純に神谷さんがやってるなら! というんで聴いてみたわけです。で、たまたまその週の1位がプリンスの『レッツゴー・クレイジー』。そしてその翌週くらいには深夜のMTV的な番組で全裸のチリチリ頭の男が紫の煙をまとってバスルームから出てくるMVを見ることになり、それ以降どんなモビルスーツやドイツ軍の戦車よりもハマることになるわけでした。だって小学校の卒業文集で「尊敬する人:プリンス」て書いたからね! ほんとバカだなあ、その頃の俺。でも俺だけは全力で頭撫でて褒めてあげたい! 

それが1984年、小6の時の話。その後、音楽的影響でいえばプリンスらしいのはプリンスしかいないので、ファンクとか近いものを漁るとかはなかった(レコード買いまくる金も近所にレンタル屋もなかった)けれど、これ以降音楽のみならず「明らかにキワモノなんだけど、間違いなく魅力的なもの」に対する抵抗感がかなり減った気がする。直感的に「面白!」と思ったらとりあえず手ェ出してみる方向に。最初に聴いたのが『レッツゴー・クレイジー』だけに(ドヤ顔)。

「ベストリクエスト」を聴いてなければ、そのままアニメと同年に誕生したファミコンにハマってたかのなあ。それともその後来るバンドブームで順当にBOOWYブルーハーツにハマっていたか。おっさんになってやる「#私を構成する9枚」的な企画はいろいろと答え合わせしちゃいますね。
 


Purple Rain (1984 Film)

Purple Rain (1984 Film)

広告を非表示にする