サイタマビーチ

フリーライターの大坪ケムタの雑記とかイベントとかもろもろです。

俺週報3.5〜18

5(土)
光文社『FLASH』企画作業。デイリーポータルZ取材。昼は銀座周辺をウロウロ。前にtwitterでザギンでシーメー調査したときに評判よかった「天津飯店」へ。セレブリティな空気溢れる街で食うドロッドロの角煮めしはのどごしシャッキリ。



ももクロ立川ライブに村上隆来場。
6(日)
デイリーポータルZ取材。夜、板橋区某所にて草プロレス団体「RAW」観戦。ヘンチーナさん曰く「アマチュアでもっとも武骨なレスリング」との評、たしかに学プロ界隈でイメージされる「ゆるさ」とは一線を画してたように思えた。この前の学プロサミットで感じた「上手いなー」というのとも違う。といってヘタなわけではなく「流麗なレスリング」とは違った、アマチュアという言葉では片づけられない、互いの身をすり減らすまさに文字通り「武骨」な闘い。いきなり相撲大会が始まったりの運営的なゆるさはあるけども。
特にメインの邪馬屠・でかい一物vsDie-56・リヴァーサル沢戦はもともとリングもないというのもあって、4人同時に入り乱れたシバきあうグチャグチャなものだったけれどその剥き出し感は最近見てないものでもあって。あとセミに出てたSGワンダー選手のインパクトが圧倒的だったなあ。やる気ないモードからのキレある関節責め、小太りなのに色男オーラ。本当に怖いヤンキーが見せるふざけた感じと怖い感じ、その両方をリングで出せる人て初めて見た。この日、ゼロワン両国はじめ興業戦争だったけども、アメリカ辺境のライブハウスで芯の通ったガレージパンクを聴かせてもらったような清々しさ。興業としてのまとまりも良く、これは継続して見に行きたい。
7(月)
ロフトプラスワンにて「オールザッツバカ映像presentsバカAV専門学校vol.12『おまえは今まで食った男の数をおぼえているのか?〜ホントにエロい人にマジでエロい話をちゃんと聞いてみよう』」。ご来場の皆様、ご協力の皆様ありがとうございました!女優ふたりとも前にインタビューして話の概要は掴んでたつもりだったけど、里美さんの「初体験はブラジル人で」「朝礼台でヤリながら流れ星を見た」とか聞いてない話がガンガン出てきて面食らう。ましろさんも寝取られ話とかもう底知れなさすぎて最高。あと鳴沢くんの時だけ急にぞんざいになる急行くんがおかしかったな。サポート司会お願いした大泉りかさんもヤリマンシンパシー的クエスチョンを間に挟んでいただきいいバランスだった。このテーマは年イチくらいやりたいなー。

8(火)
デイリーポータルZ『歩行者天国はどのくらい天国か?』掲載。コアマガジンBUBKA』でアダルトグッズメーカー・トイズハートさんの「アナル開発課課長」取材。
9(水)
オールアバウト原稿。
フィル・コリンズ引退。
10(木)
コアマガジンBUBKA』でRUMIKAさん取材。半年くらい前に一度取材してるのだけど、会った瞬間「前会いましたよね?」と言われたり、取材中も一週間前のちょっとしたテレビに出てきたフレーズなんかも覚えてたりと記憶力の良さに驚く。
*アメトーーク「女子プロレス芸人」。
11(金)
サン出版『マガジンウォーB組』で某女優のレズ作品共演記念対談。詳細は情報解禁前ゆえまだ明かせず。一方の女優さんが昼の新幹線に乗らねばならぬ、ということで朝9時半からのエロトーク。でも、いかにふたりの心の部分で触れたり離れたりして作った作品なのか、がよくわかる話で俄然作品が見たくなった。エロを分かってる人だからこそ描けないエロというものが世の中にあって、それをうまく化学反応させることで描いた作品というか。
そんな早起きしただけに取材終了後は帰って寝る。頭の上の携帯、そして外から聞こえるよくわからない不穏なブザー音で起こされたかと思うと、尻の下が激しく揺れて棚から本がぽんぽん零れ落ちてきた。阪神大震災を京都で喰らった時の記憶から「地震は一発目のタテ揺れが一番キツくて、あとのヨコ揺れはそれ以上にならない」と教訓のように覚えてたのだけど、どうやらそれどころではない激震。とりあえずNHKつけると正体不明の怪獣のように襲い来る津波映像に唖然。それでもこの時は阪神ほどの被害はないと思っていたけれど…。都内に出ていた妻とは早々にツイッターで連絡とれた&一緒にいた友人宅に泊めてもらえる事になりひとまず安心。レンタカーで都内に迎えに行く案出るも、市内の店はどこも営業ストップ。今思うとこの時点でコンビニの品も徐々に削られていたなあ。皆対応早い。翌日都内まで妻を迎えに行かなきゃなので早めに寝る。ツイッターのおかげで常に誰かそばにいる感覚が少しは気晴らしになったのが救い。あまりに何も見えなさすぎるから、不謹慎なこと言うか石原慎太郎の文句でも言って気を紛らせるしかないもの。
12(土)〜18(金)
JRが不通だったのもあり、地下鉄経由で妻を回収。この週に取材ものは全て終えてたのもあり、自宅仕事。ふだんまったく肩こりを感じることはないのだけど、この週は異様に肩が痛かった。ストレスか。

広告を非表示にする