サイタマビーチ

フリーライターの大坪ケムタの雑記とかイベントとかもろもろです。

俺週報 5.8~5.15

8(土)
昼、事務所にて酒徳ごうわく監督と密談。その隙間にDサイト用にうどん、うどん、そば、さらにそば。
夜、向井秀徳アコースティック&エレクトリック九段会館。ZAZENがすっかり変態ファンクの彼方にイッチマッタだけに、向井ソロは格段に叙情と間の波にたゆたうような心地よさを味合わせてくれる場。もはやナンバガ時代の曲をやる、というだけの場ではない、向井ソロの場。長崎のさだ、福岡の長渕に挟まれた佐賀の誉!…というほどフォーキーでもないのだけれど。中でも4年前に同地で聴いてついつい結婚式でパクらせてもらった『守ってあげたい』、そしてラストの『Iggy Pop Funclub』は静かな中に轟と響きましたよ轟と。

9(日)
Dサイト原稿。

10(月)
昼、絵色千佳さんインタビュー@Aサイト。DVDだとお嬢っぽい感じだけども、気さくな地方出身の女の子って感じ。従兄弟にいそうな感じというか、という表現が最近増えてきたところに自分のトシを感じる。

11(火)
昼、西野翔さんインタビュー@B誌。蒼井そら・みひろ・Rio・吉沢明歩麻美ゆま(敬称略)とおねマス/エスワントップどころはこれまでインタビューしてきたけれど、彼女は初。本題も面白かったけれど、脱線してからのオタク話が面白すぎた!近年ガチのオタクさんとかエロに関心持ったきっかけが同人誌というAV女優は少なくないのだけど、彼女みたいなトップ級では初めて知った。まずは目の前の6月だけど、9月あたりに彼女呼んでイベントもう一発やりたいな。
個人的には、「オタクな女の子」自体も興味あるけど、同じオタクでも男と違って女はなぜファッションや恋愛とオタク趣味を両立出来るのだろう?というのに関心がある。自分がその辺中途半端だからか。ってガチオタクにもなれぬ男だけれど。
事務所戻ってAサイト原稿。夜、アイアンマン2試写@有楽町。2作目らしい新たなヒーローの苦悩がありつつキャスト豪華。スカーレットヨハンソンはホント性格悪そうだけどエロいなあ。彼女に振り回されたい男は世界に5千万人くらいいるんだろうなあ。「栗山千明様に○○されたい」を思い出す。既に決定してる3作目、さらにその先をにらんだ作りな分ちょっと散漫な感はあるけど、これから先のマーベル作品を見たい人には外せない内容だろうな。

12(水)
昼、Aサイト原稿。
夜、Dammune on Dommune@Dommune。その前に初めての富士屋本店。渋谷でもまず行かないブロックなのでなかなか足が向かわなかったのだけど、瓶ビール+肉豆腐+ハムカツで3ケタなんてねえ。そりゃ通うわ。渋谷南口はジョイタイムと富士屋だけあればいい。

13(木)
B誌テープ起こし、Pテレビ企画出し等。
デイリーポータルZ「天かすが主役な日があってもいいだろ?」掲載。タイトルのイメージは『俺の一生にも、一度くらい幸せな日があってもいいだろう』(長州力)。遠っ!

ブックマークだけしといて見てなかった「PSG現る 1972(M×A×D)」見る。いやー映像も音もヤバい。良い意味でのガラクタ感というか、無国籍なんだけど日本にしか出来ないポップさが溢れてて最高。こういう時DOPEとかILLとか言えればいいんだろうけどわかんないんだよねえ。

帰りにタワレコでCDも購入。映像は絵本「すてきな3にんぐみ」の引用がカッコイイ。というか動画なんてあるんだ!と調べたらこちらもすてき。


でもここまでいい人っぽいと違うな。あとガキがムカつく。

ディックブルーノの探偵ものとか、こういう「ダーク可愛い系」は見てるだけでいいねえ。アロマ映像とコレを交互に流してるだけでニヤニヤ酒が飲める。

14(金)
Pテレビ企画考えたりフライヤー作ったり。
 
『WORLD WAR Z』読了した日に見つけた落書き。渋谷にはもうおるのか。

広告を非表示にする