サイタマビーチ

フリーライターの大坪ケムタの雑記とかイベントとかもろもろです。

パーフェクト・リゾート

「バカAV」終了から3日後、ハワイに行ってきました。

行ったからにはなんぞ記事ネタも拾ってくるけども、基本は観光。アメリカ本土は前に行ったことあるけどもハワイは初上陸。さすが気候やビーチの充実度などリゾート地として完璧なんだけど、さすが旅行会社激戦区とあって、サービスや設備なんかも完璧ですなあ。今回JTBのツアーで行ったんだけども
・現地到着後、預け入れ荷物はポーターがホテルに。だから到着後速攻遊びに行ける。帰りも同様。
・旅行会社運営のバスがあるので市内交通費はほぼ無料。
・ビーチ使う分にはタダだから貧乏旅行でもそれなりに楽しめるし、金出せばそれなりに。
・無料のオプションツアーも付いてて、これがまた予想以上の充実ぶり。
とかなんとか。ここ2年行ったタイ・ベトナムとは雲泥の差なサービス濃厚加減を堪能しまくる。ただ市内の半分くらいは日本人で、みーんなアバクロのショッピングバック持ってたりと海外感は予想以上にナシ。自分も現地滞在用の短パン買ったので人の事言えないけど。この居心地良すぎる感が逆にしっくり来ない気もするものの、タイと並んでハマる人が多いのはよくわかる。
今回は食事やスポット的な所は妻のリサーチにほぼおまかせ。その中で唯一自分からリクエストしてたメシ所は念願のフーターズ!

ひとことでいえば乳の谷間出しまくり&ホットパンツなセクシーパツキンねえちゃんがウェイトレスしてるレストラン。詳しくは映画評論家の町山さんの記事mixiコミュ参照
ありがたいことに旅行代理店のバスが空港からフーターズの入ってるマーケットプレイスへと到着なおかげで、ハワイ上陸直後の朝10時からフーターズ直行。あっさりとフーターズ処女を失いましたよっと。

担当したおねえちゃんは写真こそ笑ってたけど愛想はいまいち。他テーブルのルーシー・リューぽいアジアンの方がよかったなあ。でもまあ本物は見れたので十分満足。「絶対フーターズ行け!」と行っていた海外旅行の師匠・tagさんの指令通りTシャツも購入したし。


ビールが大ジョッキしかないのもまたアメリカンな。 しかしまあ風吹き抜ける店内でパツキンねえちゃん見ながら食う朝メシ朝ビールは最高ですよ!あと妻から「なんでtagさんとか俺とかフーターズ好きなの?」と聞かれたけど、自分の場合は10代前半で見たPVとか映画が頭にあんじゃねえかなあ。決して好みじゃないし到底手に負える感じしないけど、最初に植え付けられた成熟した女、っていう。
要はこの世界観ね。ダイヤモンド☆ユカイの元ネタの方。

アジアでもフーターズは台湾・韓国・中国・シンガポールで既に出来てるんだけど、東京はいっそこのまま来ないでほしいなあ。日本人だと興ざめしちゃいそう。

食はヒルトンの花火見えるレストランやサーファーが真正面に見えるサンデーブランチとか結構イイもんイイ場所で食ったはずだけど、一番印象残ったのはL&Lのプレートランチ。ご飯2杯にマカロニサラダ・魚フライのドカ盛り具合が俺のアメリ感にズバリ的中!でもコレ毎日食ってたらたちまちハートアタック!


あと海外のかったるい文化といえばチップなわけですが、行く直前にこんな記事見てたおかげでふと思ったのは、日本に比べて海外の方がチャリティが一般的なのは普段からサービスに金を払う習慣が根付いてるからかなー?ということ。「タダで当然の行為に対していくら払う」を常に考えてれば「タダの価値」というのも考えるようになるだろう。サービス料も時給に込みで払われる日本の方が楽だし、スマートだとは思うけど、そういう付加価値はちょっぴりあるのかね。

広告を非表示にする